あがり症

心理学的なアプローチが不可欠です!

 

 

いくら準備を入念に行っても、本番で頭が真っ白になって
自分の実力を発揮できなかったことはありませんか?

 

準備はもちろん大切です

 

しかし、メンタル面の土台があって
初めて準備や知識・スキルというのは活きるのです

 

ですから

 

本当に必要なことは、心理学的なアプローチを取りながら、知識やスキルも同時に学んでいくという方法です

 

私はこの事実に気がつき
心理学・心理療法を研究し始めました

 

自分の探し求めているものを追及して
海外まで心理学を学びに行ったこともあります

 

また、多くのスピーチ経験を通して
実践を通して学んできた知識やスキルもまとめ始めました

 

そして、とうとう
あがり症改善に最適な方法を体系化することができたのです

 

その瞬間は

 

「これだ!これならムリ無くあがり症を改善することができる!」

 

と跳び上がるほど喜んだのを今でも覚えています

 

そして興奮する気持ちを抑えながらも
その“あること”を実際にあがり症で
悩んでいる人たちに少しだけ試してもらうことにしたのです

 

あがり症の改善の効果がスグに現れました

 

その方は、小学生の頃からあがり症で
今までずっと悩み苦しんできた女性の方でした

 

それが、私の方法を試してみたところ

 

すぐに人前でドキドキせず
落ち着いて話すことができたのです

 

本人も初めての経験に
何が起きたのかわからないほど驚いていました

 

私はこの経験を機に、この方法をもっと多くの方に伝えることを決心しました

 

この「あがり症改善プログラム」は、既に多くの方が実践され
大手インターネット販売教材サイト「infotop」にて
「健康カテゴリー」でランキング1位を獲得しました

 

 

心理学は、科学なのです

 

科学ということは、再現性がある
つまり効果があるということです

 

つまり、あがり症は改善されます